コンテンツにスキップする

ソフバンクが初の首位-5月携帯純増でKDDI、ドコモとも抜く(3)

電気通信事業者協会が7日発表した5月末 の携帯電話契約件数によると、新規契約から解約を引いた純増数で、シェア3 番手のソフトバンクモバイルが16万2400件と、初めてトップとなった。KD DIの純増数は13万8500件、最大手NTTドコモは8万2700件だった。

KDDIは昨秋の番号継続制度(MNP)導入を契機とした契約増の流れ に乗り、3月には過去最高の純増53万件を記録していたが、MNPの効果が 薄れて鈍化。今年1月に導入した新料金体系「ホワイトプラン」を軸に春商戦 での勢いを保ったソフトバンクに抜かれた。同社発表によるとホワイトプラン の申込件数は7日、500万件を突破している。

同協会事務局の平留美氏によると、前身のJフォンやボーダフォン日本法 人の時代も含め、ソフトバンクモバイルが純増数でトップとなったのは、1996 年1月に協会が契約統計を取り始めてから初めて。

5月末のシェアは、ドコモが前月末比0.1%低下の54.1%、KDDIは変 わらずの29.3%、ソフトバンクは0.1%上昇し16.6%。

大和総研の西村賢治アナリストはソフトバンクの純増数について、年間最 大の商機とされる春商戦が過ぎた後にしては「かなり強い数字」とコメント。 夏向けの端末のラインナップについても3社のうち「ソフトバンクの品ぞろえ が最も良い」と述べ、今後も期待できるとの認識を示している。

クレディ・スイス証券の早川仁リサーチアナリストは統計発表後のリポー トで、ソフトバンクがホワイトプランを導入した今年1月以降、10万件以上の 純増を毎月続けてきた事実を強調したうえで「5月は家族間の24時間通話無 料などが支持を得て、加入者増に弾みがついた」と分析。さらに「対KDDI のMNP勝負でも、日によっては加入が解約を上回っている」と指摘した。

「ホワイト」と「分身」

ソフトバンクモバイルの広報担当者、伊東史博氏は、「ホワイトプラン」 による集客増が初のトップにつながったと説明。KDDIの広報担当者、桜井 桂一氏は、契約獲得が春商戦後に沈静化するのは季節的な要因だとしながらも 「夏場に向け、割引キャンペーンなどで揺り戻しを図りたい」と述べている。

一方、ドコモは5月25日、追加で月額945円(税込み)を払えば、電話 番号とメールアドレスを1つの端末でもう1つ持てるサービスを開始し、2つ 目の番号・アドレスを追加の1契約としてカウントしている。同社広報担当者 の津田知子氏によると、ドコモの純増数8万2700件のうち約1万件は、こう した「分身の術」で上乗せされた形だ。

MNPでの「1人負け」

3社の広報担当者によると、MNPを活用した顧客の移動は、KDDIが 5万5100件、ソフトバンクは3100件の純増だったのに対し、ドコモは約5万 8300件の純減だった。

MNPでは昨年10月の制度開始以来、KDDIが残り2社から契約を奪 い続ける図式だったが、4月になってソフトバンクも初めて純増となり、奪う 側へと転じていた。ドコモは導入以降、一貫して純減を続けており、5月も 「1人負け」した格好。

また、PHS最大手のウィルコムが発表した5月の純増数は3万6100件 と、前月(6万2600件)の6割弱の水準。月末の加入者数は462万5800件だ った。

携帯とPHS合計の契約数は前月末比0.4%増の1億260万8500件。前年 同月比では5.4%の増だった。

ソフトバンクの株価は5月の携帯純増数首位を受けて上昇に転じ、一時は 前日比3.5%高の2820円をつけた。7日終値は70円(2.6%)高の2795円。 KDDIは6000円(0.6%)安の99万4000円、ドコモは1000円(0.5%)安 の19万9000円。

--共同取材 近藤雅岐 Editor:Taniai(has)

大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

テオ チャンウェイ Teo Chian Wei +81-3-3201-3623 cwteo@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE