コンテンツにスキップする

欧州株:約2カ月ぶりの大幅安、エーオン安い-ECB追加利上げ観測

欧州株式相場は下落、この2カ月以上で最大の 値下がりとなった。欧州中央銀行(ECB)による追加利上げの懸念が広がった。

ドイツのエーオンとスペインのイベルドローラを中心に公益事業株が下げた。 フランスのBNPパリバとスペインのバンコ・ポプラール・エスパニョルなど銀行株 も安い。

欧州最大の防衛電子機器メーカー、仏タレスは下落。ソシエテ・ジェネラルがタ レスの投資判断を引き下げたことが響いた。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントで約20億ドルの資産運用に携 わるファンドマネジャー、アンドレア・ウィリアムス氏は、「政策金利の引き上 げ局面にあり、相場に影響している」と指摘した。

ダウ欧州株価指数は、前日比1.7%安の390.07。3月14日以来の大幅安と なった。ダウ欧州50種株価指数は1.4%下げ、ダウ・ユーロ50種株価指数は

1.7%低下した。

6日の西欧株式市場では、取引のあった16市場すべてで株式相場が下落した。

ECBによる利上げ

ECBは6日、定例政策委員会で、政策金利を0.25ポイント引き上げて4% とした。同金利は2001年8月以来、6年ぶり高水準となった。ECBのトリシェ 総裁は、引き上げ発表後の記者会見で、金融政策は引き続き「緩和的」だと述べ、 さらに「中期的な物価安定を確かにするため、タイムリーで断固たる行動を確実に 取る」と語った。

エコノミスト調査によると、ECBは年内にもう1回利上げをすると見込まれ ている。

ドイツ最大の電力会社、エーオンは3.1%安。同業でスペイン2位のイベルド ローラは4.1%下げた。フランス最大の銀行、BNPパリバは2.4%安、スペイン の銀行3位、バンコ・ポプラールは2.3%下落。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前日比110.10ポイント(1.7%)安の6522.70。FTオー ルシェア指数は同60.39ポイント(1.8%)下げて3382.03。

ドイツのDAX指数は同189.78ポイント(2.4%)安の7730.05。HDAX指 数は99.97ポイント(2.5%)下げ3981.42。

フランスのCAC40指数は前日比100.67ポイント(1.7%)下げ5977.87で 終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE