コンテンツにスキップする

ウォーシュFRB理事:低リスクプレミアム、投資家の「過信」の表れ

ウォーシュ米連邦準備制度理事会(FR B)理事は5日、英ロンドンで講演し、米金融資産に対する低いリスクプレミ アムは「投資家の過信」の表れと考えられると指摘した。同理事はただ、金融 機関がリスクを無視しているとの結論に至らないように政策当局者は慎重にな る必要があると述べた。

同理事は、「長期的展望については引き続き、私は慎重ながらも楽観的に みている」と述べた。米金融市場の相場や地合いについては、「リスク許容度 の高まり、もしくは幸先良いとは言えないが、投資家の過信を示している可能 性がある」と指摘した。

米金融政策当局者は、銀行や投資家が借り手の返済能力を過大評価してい るとの懸念を示しており、ウォーシュ理事の発言もこうした懸念を反映してい る。

ウォーシュ理事は、「金融政策当局者の立場として、変化の激しいこの領 域で何か決定的な判断を下す場合には慎重かつ真に謙虚になる必要がある」と 語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE