コンテンツにスキップする

メリルリンチ日本証券のエコノミスト,コール氏:退社し投資会社設立へ

メリルリンチ日本証券のチーフエコノミスト だったイェスパー・コール氏(46)はすでに退社しており、投資会社を設立する 計画であることが5日、分かった。コール氏は日本経済に精通する著名な外国人 コメンテーターの1人。

コール氏は5日、電話インタビューに応じ、「このビジネスの売り手側から 引退し、2、3人のパートナーと会社を設立する」と語った。数日中に今後の計 画を発表する予定だという。また同氏は4カ月前にメリルリンチに辞表を提出し たことを明らかにした。

同氏の夫人はゴールドマン・サックス証券のチーフストラテジスト、キャシ ー松井氏。ドイツ生まれのコール氏は1980年代に半ばから日本に住み、1999年 にチーフエコノミストとしてメリルリンチに入社した。JPモルガン証券のチー フエコノミストや、ヘッジファンドのタイガー・マネジメントに勤務した経験も ある。

メリルリンチ日本証券広報部の野田司氏によれば、コール氏は先月31日、 個人的な理由で退社した。後任は未定だという。同氏は詳細な事情についてのコ メントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE