コンテンツにスキップする

ステンレス団体:07年の世界生産は5.1%増へ-ニッケル高騰で減速

ステンレスの調査機関である国際ステン レス鋼フォーラム(ISSF)は21日、2007年のステンレス世界生産が前年 比5.1%増の2980万トンになるとの予測を発表した。中国やインドの経済成長 で需要は引き続き伸びるが、原材料であるニッケル価格の高騰が響き、伸び率 は鈍化するとみている。

ISSFは19日から4日間の日程で、京都を中心に第11回年次総会を開 催している。

2007年については、アジアが前年比11.8%増の1685万トンと引き続き高 水準で推移するが、南北アメリカは3.4%減の285万トン、西欧は2.7%減の 97万トンとマイナスに転じる見込み。中・東欧は10.3%増の40万トン。

2006年実績は前年比16.7%増の2836万トンだった。アジアが20.6%増 の1507万トンと大幅に伸びたほか、西欧州も13.4%増の997万トン、南北ア メ リカも9.8%増の295万トン、中・東欧16.8%増の36万トンだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE