コンテンツにスキップする

マイクロソフト、ヤフーに秋波-対グーグルで脱落阻止の唯一の望みか

ソフトウエア最大手の米マイクロソフトの スティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は4月、ハワイでの休暇を中 断しインターネット広告部門を統括するユスフ・メーディ氏に電話をかけた。 インターネット検索大手の米グーグルが、ネット広告のダブルクリックを31億 ドル(約3700億円)で買収することで合意したためだ。

資金や人材を投じあらゆる手立てを使って、288億ドル規模のネット広告市 場でグーグルの1人勝ちに歯止めをかけろというのがバルマーCEOの指示だ った。インターネット広告市場はパソコン市場の2倍のペースで拡大している。

事情に詳しい複数の関係者によると、バルマーCEOはさらに、インター ネット検索・広告でグーグルに対抗するためポータル(玄関)サイト大手の米 ヤフーとの提携に向けて動き出す見通しだ。

ダイレクションズ・オン・マイクロソフトのアナリスト、マット・ロソフ 氏によると、マイクロソフトは同社の検索サイトがグーグルほど頻繁に利用さ れないために、2006年だけでも20億ドルの売り上げを失った。

グーグルのサイトでの検索件数はマイクロソフトの4倍。しかも、グーグ ルはマイクロソフトやヤフーを侵食してさらにシェアを伸ばしている。グーグ ルはダブルクリック買収で、唯一マイクロソフトがリードしているディスプレ ー広告の分野でも大きく前進する。

関係者の1人が匿名を条件に語ったところによると、マイクロソフトとヤ フーの協議はまだ初期段階で、合併ではなく提携を目的としている。米紙ニュ ーヨーク・ポストは4日、マイクロソフトがヤフー買収を望んでいると報じた。 両社はコメントを控えた。

マイクロソフトとヤフーを合わせても、米インターネット検索市場のシェ アは38%と、グーグルを10ポイント下回る(コムスコア調べ)。

メーディ氏は、マイクロソフトが検索市場でグーグルに追い付き始めるに は5-10年かかるとみている。ヤフーとの提携は、買収で成長を続けるグーグ ルとの競争からの脱落を防ぐ唯一の方法かもしれない。

キャナコード・キャピタルのアナリスト、ピーター・マイセク氏は「グー グルがダブルクリックを買ってしまえば、マイクロソフトが小規模な買収でグ ーグルに追い付ける望みはゼロになる」と話した。

ゴールドマン・サックスのアナリスト、サラ・フライアー氏は、マイクロ ソフトがオンライン事業に向こう3年で160億ドルを投資する計画だと指摘。 検索広告販売プログラムのアドセンターの導入から1年で、マイクロソフトは 10万社の広告主を引き付けた。グーグルは顧客数を明らかにしないが、恐らく 100万社とメーディ氏は見積もっている。

フライアー氏によれば、検索広告はマイクロソフトが失敗した最大の分野 だ。「マイクロソフトにとってすら、投資額は小さな額ではない」と同氏は指 摘した。282億ドルの手元資金を持つマイクロソフトが本腰を入れれば、たいて いのライバルを追い落とすことができた。ウェブブラウザーでは先行するネッ トスケープ・コミュニケーションズを抑えて現在では85%のシェアを握る。家 庭用ゲーム機「Xbox」でも後発ながらソニーの「プレイステーション2(P S2)」に次ぐ2位の座を確保した。

ロソフ氏は「検索分野でマイクロソフトがシェアを伸ばせないのが不思議 だ」が、「グーグルが強過ぎるのだろう」と話す。「マイクロソフトのやり方 は相手がつまづくまで攻勢をかけ続けることだが、グーグルはつまづかない」 と同氏は述べた。

To contact the reporter on this story: Dina Bass in Seattle at dbass2@bloomberg.net

To contact the editor responsible for this story: Cesca Antonelli at fantonelli@bloomberg.net 東京 木下 晶代 Akiyo Kinoshita akinoshita2@bloomberg.net Editor: Toshi

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE