コンテンツにスキップする

米ジェフリーズのオプション取引、2日連続で急増-買収観測で

投資銀行の米ジェフリーズ・グループの個 別株オプションの取引が4月30日に2営業日連続で急増した。同社が買収の標 的になるとの観測が背景。

30日のオプション取引は約8900枚。27日のオプション取引は約1万 3500枚、18日の取引は約1万9000枚だった。ブルームバーグ・データによ ると、同社のオプション取引は過去5年間、1日当たり3000枚を超えたことは なかった。

W.クイレン・セキュリティーズのヘッド・トレーダー、マーク・ワイ ンバーガー氏は「この1カ月、ジェフリーズの買収観測が根強くある」と指摘し、 「確かに買収を見越した取引を行う人が多く、こうした環境では同社が売却され ることはあり得る」と述べた。

中規模企業への助言やそうした企業の株式の取引を専門とするジェフリー ズは、この3年間で利益を3倍近くに拡大させた。リチャード・ハンドラー最高 経営責任者(CEO)は買収やリストラのアドバイザー業務を拡充しており、こ うした部門が現在では総収入の約3分の1を占める。広報担当者のトム・タラン ト氏は、市場の観測にはコメントしないのが会社の方針だと述べた。

同社の株価は、オプション売買が急増した4月18日に8.1%高、27日に も7.8%上昇した。30日は2.5%安の31.70ドルと下落したものの、最も売 買の多いオプションは6月15日までに35ドルでジェフリーズ株を買うコー ル・オプションだった。5月1日の終値は前日比10セント安の31.60ドル。 年初来では18%高と、AMEXセキュリティーズ・ブローカー・ディーラー指 数構成銘柄のリターンでトップ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE