台湾株(終了):続落、広達電脳が安い-米GDP統計などを嫌気

台湾株式相場は続落。ノート型パソコンメ ーカー、広達電脳が安い。1-3月期(第1四半期)の米実質国内総生産(G DP)速報値が4年ぶりの低い伸びになったことや、中国人民銀行が預金準備 率を引き上げたことが嫌気された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。