「三角合併」来月解禁:海外企業にM&A新手法-魅力増す日本企業(4)

更新日時

「日本は世界で一番株式を使った買収がしやすい 国になる」――国内外の合併・買収(M&A)に詳しい西村ときわ法律事務所の太田 洋弁護士は「三角合併」解禁の意義についてこう語った。海外企業が日本企業買収の 対価として自社株を活用できるこの新たな手法は、表裏一体として日本企業の経営者 に企業価値への意識を強めさせ、日本企業の魅力が増すことにもつながる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。