プロミス:連結赤字3783億円に大幅拡大-利息返還で2度目の修正(2)

大手消費者金融のプロミスは25日、2007 年3月期の連結純損失(赤字)が従来予想の1541億円から3783億円(前期は 420億円の黒字)に拡大すると発表した。利息返還請求に備えた引当金を2043 億円積み増し、総額4187億円に膨らむため。同社の業績下方修正(通期)は昨 年10月に続いて2度目で、グレーゾーン金利返還請求の勢いが強まっているこ とを浮き彫りにした。

プロミスが通期で赤字に転落するのは1993年の上場以来初めて始めて。追 加引き当てを営業費用で計上するため経常損益も従来予想の257億円の黒字か ら2016億円の赤字に下方修正した。他の消費者金融会社大手の武富士やアコム なども同様に上限金利の引き下げに伴う利息返還請求に備えて引当金を積み増 し大幅な最終赤字に陥る見通しで、業績予想を下方修正している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE