午後の日本株は下落、非鉄や精密安い-決算後のダイハツ1000円割れ

午後の東京株式相場は下落。日経平均株 価は1万7200円台での推移となっている。商品市況の下落から住友金属鉱山 などの非鉄金属株の下げが広がったほか、HOYAなど精密機器は午後の東証 1部業種別下落率首位となった。トヨタ自動車などの自動車株、新日本製鉄な どの鉄鋼株も引き続き安い。2008年3月期純利益が31%減見通しと発表した ダイハツ工業は急落し、9カ月ぶりに1000円の大台を割り込んだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。