日無線が400円回復の場面、7期ぶり復配で急騰-構造改革で収益改善

日本無線の株価が急騰し、一時14%高の401 円と2月27日以来、大台の400円台を回復する場面もあった。午前終値は11% 高の390円と東証1部で上昇率2位。早期退職による人員削減や無線通信事業 への経営資源集中など構造改革を進めており、収益性が改善したとして、7期 ぶりに復配を決めたことが好感された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。