東芝株が一時1.1%高に、前期純利益は最高の報道-900円にらむ攻防

東芝の株価が一時、10円(1.1%)高の895 円まで上昇。米国株安などを背景に電機など輸出関連株に売られる銘柄が多い中、 年初来高値(900円、17日)付近で堅調な値動きとなっている。2007年3月期の 連結純利益が17年ぶり過去最高益になったとの一部観測記事を受けて、足元の好 業績を好感した買いが先行した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。