米CBSラジオ:番組DJ2人を停職処分-アジア人に関する発言で

米テレビネットワーク大手CBSのラジオ 子会社CBSラジオは24日、番組中にアジア人を対象としたジョークを言った 2人のディスクジョッキー(DJ)を給与無支給の停職処分としたことを明ら かにした。同社は今月12日にも、人種差別発言を理由に人気DJのドン・アイ マス氏を解雇した。

アジア系米国人の人権擁護団体OCAの抗議を受けて処分を受けたのはC BSラジオのFM放送局の番組「ザ・ドッグ・ハウス・ウィズ・JV・アンド・ エルビス」の2人の司会。2人はレストラン従業員を「アジア人女性」「中国人 男性」と呼んだほか、発音をからかう発言をした。

OCAによると、問題の番組は4月5日に最初に放送され、19日に再放送 された。CBSラジオの広報担当によれば、司会の1人は23日の番組中に2回 謝罪した。2人の処分期間中は、過去の番組を編集して再放送するという。

CBSの24日の株価終値は前日比17セント安の31.55ドル。年初からの 騰落率は1.2%。

-- Editor: Palazzo (rbg)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE