エルピーダ:前期純損益529億円の黒字で最高益-携帯用など好調(5)

DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込 み読み出しメモリー)専業メーカーのエルピーダメモリが24日発表した前期 (2007年3月期)の連結純損益は、前年の47億円の赤字から529億円の黒字に 転換し過去最高益となった。主力のDRAM製品の販売が携帯電話やデジタル家 電向けなどに拡大し、収益が大幅に向上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。