KDDI:携帯拡大、「光」黒字化で10年の営業益6000億円目指す(6)

国内通信2位のKDDIの前期(2007年 3月期)連結決算は、携帯電話事業の好調で営業利益が16%増の3447億円、 売上高も9%増の3兆3353億円と、いずれも過去最高となった。同時に発表 した期間4年の中期経営計画では携帯の顧客基盤向上と、固定通信で次世代の 収益源と位置付ける光ファイバー事業の黒字化を進め、2010年度の売上高4兆 円、営業利益6000億円を目指す。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。