塩崎官房長官:警護対象拡大の可否、警察が判断

塩崎恭久官房長官は18日午後の記者会見で、 伊藤一長長崎市長が銃弾を受けて死亡した事件に関連した今後の要人警護のあ り方について「警察の判断で対象を決めている。今回のケースがその対象でな かったことは事実だが、警察が判断すべきものだ」と述べ、対象を拡大するか どうかは警察が決めるとの認識を強調した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。