コンビニ株が軒並み安い、市場飽和下で英テスコ上陸へ-競合激化懸念

コンビニエンスストア業界大手の株価が軒 並み安い。小型店のドミナント(高密度多店舗展開)戦略で秀でる英テスコが 今月中に東京都内で出店を開始する計画が明らかになった。過剰店舗状況が続 き、市場に飽和感があるなかで、世界流通業3位の英テスコがコンビニ事業で 日本に進出すると、競合が一層厳しさを増すとみられた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。