独立ブローカーの貸し込みがサブプライム危機の根源-ヘッジファンド

ヘッジファンドのエリントン・マネジメン ト・グループの投資責任者、マーク・テコッツィ氏は16日のインタビューで、 独立系のブローカーが融資基準を満たさないような借り手に貸し付けたサブプ ライム住宅ローンを証券会社に売却した結果、これらのローン債権に基づいた 債券の保有者が損失を被ることになるだろうとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。