米サリーメイ:JPモルガンなどに身売り、総額250億ドル(3)

米学資ローン最大手のSLM(サリーメ イ)は16日、米銀大手JPモルガン・チェースとバンク・オブ・アメリカ(B OA)にプライベートエクイティ(PE、未公開株)投資会社2社を加えた企業 連合が提示した250億ドル(約3兆円)の買収案を受け入れた。

JCフラワーズとフリードマン・フライシャー・アンド・ロウを含む企業連 合の発表によると、SLM(バージニア州レストン)が受け入れた買収価格は1 株当たり60ドル。13日の株価終値に対して28%の上乗せに相当する。

買収後の持ち株比率はPEファンド2社が50.2%、米銀2行がそれぞれ

24.9%になる。

学資ローンの需要はこの6年間、年平均27%のペースで伸びている。SL Mは先週、ローン業者と大学側の癒着疑惑の捜査を進めているニューヨーク州の クオモ司法長官と和解し、200万ドルを支払うほか、新たな行動規範を導入する と発表した。

RCM(ロンドン、運用資産1000億ドル)の最高投資責任者(CIO)、 ルーシー・マクドナルド氏は、「潜在的な価値は大きい。学資ローン業界には統 合の余地がある」と述べ、「比較的良好で緩やかに成長する事業だ」と付け加え た。

発表によると、サリーメイの独立取締役会メンバーは同買収案を支持し、株 主に受け入れを勧告した。身売り後も経営陣は変わらず、本社は引き続きレスト ンに置くという。

サリーメイは学資ローンの第2市場を通じて高等教育への進学を容易にする 目的から、1972年に政府系住宅金融機関として創設された。学資ローン債権は 1420億ドル。学生1000万人近くが利用している。また総額150億ドル以上の学 資貯蓄プランを運用する。

16日のニューヨーク株式市場でサリーメイの株価は急伸。8.29ドル (18%)高の55.05ドルで引けた。。ニューヨーク・タイムズ紙がサリーメイの 身売り観測を報じた13日にも15%急伸していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE