2月の鉱工業生産確報値は0.7%上昇-2カ月ぶりのプラス(3)

経済産業省が16日発表した2月の鉱工業 生産指数(季節調整後)の確報値は前月比0.7%上昇の107.9と2カ月ぶりの プラスとなった。今回は、季節調整済み指数の再計算(年間補正)により過去数 値が変更され、生産指数の速報値は同0.2%低下から同0.8%上昇に補正され、 確報値では下方修正となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。