4月ミシガン大消費者信頼感:85.3に低下-インフレ期待3.3%

4月のロイター・ミシガン大学消費者信 頼感指数(速報値)は85.3と、8カ月ぶりの低水準を付けた。3月の確定値 は88.4で、低下は3カ月連続。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノ ミスト予想中央値は87.5だった。

今後1年のインフレ期待は3.3%と前月の3.0%から上昇した。

JPモルガン・チェースのエコノミスト、ハシーブ・アーメド氏(ニュー ヨーク在勤)は「インフレ期待の上昇に表れているように、ガソリンの上昇が すべてにつながっているのは明らかだ。ガソリン価格が落ち着かないと、個人 消費や信頼感に悪影響を及ぼすだろう」と述べた。

先行きの景況感の先行指標となる内訳の期待指数は74.3と昨年8月以来 の低水準になった。3月は78.7だった。

消費者の財政状況や自動車などの大型の買い物に適した時期なのかどうか を判断する現況指数は102.4と3月の103.5から低下した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE