カーライル:日本半導体への投資拡大に意欲-流入する巨大マネー(2)

更新日時

日本の半導体産業に、プライベート・エクイ ティ(PE)をはじめとする投資ファンドが熱い視線を注いでいる。半導体市場 の構造変化とともに、世界の巨大マネーが堰(せき)を切ったように流入し始めた。 その代表格が、米投資ファンド大手カーライル・グループ。全世界で約5兆5000 億円の運用資金を持ち、日本企業への投資を専門とした2156億円のファンドも設 立した世界有数の同社が、半導体関連企業への投資を積極化させている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。