コンビニ大手3社:前期は利益計画下回る-今期は増益へ既存店強化

ローソン、ファミリーマート、サークルK サンクスのコンビニエンスストア大手3社の2007年2月期(前期)連結決算が 11日までに出そろった。既存店売上高の低迷が続き、販売促進活動のコスト増 などにより、前期の営業利益は各社とも会社計画を下回る厳しい着地となった。 08年2月期は3社とも新規加盟店主の確保が難しくなっていることなどから、 出店数を抑制。改装などで既存店を活性化し、営業増益を目指す。

営業利益ベースでの前期連結業績は、サークルKSは計画の3%減から 10%減とマイナス幅が拡大。ファミリMは2.3%の増益を見込んでいたが、結果 は9.3%減と減益に転じた。ローソンは1.5%増と増益を確保したものの、会社 計画の3.3%増は未達に終わった。今期はサークルKサンクスが0.8%増、ファ ミリーマートが2.3%増、ローソンは3.1%増を狙う。

新規出店、サークルKSは最大の純減数

今期は各社とも新規出店を抑え、既存店のてこ入れを強化する。サークル KSは、コンビニ店舗を320店出店し、450店を閉店する。純減数は過去最大の 130店だ。本部の人件費や家賃負担がかさんで赤字が続いている店舗が多いため、 閉店を加速する。同社では2009年までに1000店舗の閉鎖を計画している。土 方清社長は決算会見で「市場の飽和感があるうえ、顧客のニーズに合った店作 りができていない」と指摘し、既存店舗の刷新を図る考えを示した。

ファミリMは当初700店程度の出店を計画していたが、550に下方修正、 一方で350店閉鎖する。純増数は06年2月期に290店、07年2月期は217店と 徐々に減らしており、今期もさらに抑えた200店とする。加盟店主の獲得難航 に加え、賃料の高騰などで「首都圏での出店が遅れている」(上田準二社長) といい、550店のうち半数を三大都市圏の出店とする方針。また、西武鉄道の駅 構内に出すなど大量出店ができる法人契約も拡大させる。

ローソンも新浪剛史社長が決算会見で「顧客に今までの業態が飽きられて いる」と述べ、「既存店の改装など、とにかく既存店を重視した戦略をとり、 加盟店の収益を拡大していきたい」との方針を強調。ここ数年700店舗台の出 店を維持してきていたが、今期計画は560店と「大幅に減らした」(新浪社 長)。純増数では前期の198から今期は170店とする。

各社の株価終値は、ローソンが前日比変わらずの4670円、ファミリーマー トが同10円(0.3%)安の3300円、サークルKサンクスが同55円(2.5%)高 の2250円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE