リスクがIMF改革の必要性裏付け、政治家の慢心に警告-専務理事

国際通貨基金(IMF)のラト専務理事は9 日、米住宅融資の焦げ付き増加など新たな金融危機のリスクがIMF改革を進 める必要性を裏付けるものだとの見方を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。