Gウィル:子会社のコムスンが東京都から改善勧告-過誤請求返還へ

人材派遣業のグッドウィル・グループは、 介護サービス子会社コムスン(東京都港区)が、東京都から業務改善勧告を受 けたことを明らかにした。これに伴う過誤請求分約4000万円を返還する予定 だとしている。

Gウィルの10日付発表資料によると、東京都による訪問介護事業所の調 査を受け、3月23日付の監査結果通知で、3事業所の事業申請において従事 できない訪問介護員が含まれていたことや人事配置基準で指摘を受けたとして いる。

このほか16事業所で地域支店長と拠点管理者の兼務など人員配置基準で 改善勧告を受けた。その他の事業所でも自主点検および改善報告をするように 通知を受けたという。

コムスンでは早期信頼回復のため「品質向上委員会」や弁護士や有識者に よる「第三者評価機関」を設置。再発防止と内部統制の再構築などに取り組ん でいるとしている。

訪問介護を手がけるニチイ学館も同日、東京都による監査があり一部不適 切な介護報酬請求があったとの指摘で昨年12月27日に業務改善勧告を受けた と発表した。同社によれば、この改善勧告を受け、2月2日には改善報告書を 提出し2月5日に東京都の確認調査で「改善済み」と承認されたとしている。

また、ジャパンケアサービスも東京都から指定を受けている40カ所の事 業所のうち1カ所で東京都の指定基準を満たしていないとして改善勧告を受け たことを明らかにした。

10日付発表資料によると、指摘された事業所ではサービス提供責任者の配 置人数5人の基準を満たしていたが、このうち2人が非常勤になっていたため 改善勧告を受けたとしている。

同社では、即日常勤の人員を配置するとともに、4月20日に東京都に改 善報告書を提出する予定になっているという。

Gウィルの株価は前日比1400円(1.7%)安の8万200円、ニチイ学館は 同20円(1.0%)安の2090円、ジャパンケアサービスは同9円(3.6%)安の 244円(午後2時10分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE