上海銅:2日連続で値幅制限いっぱいの上昇、半年ぶり高値-需要増で

10日の上海銅先物は2日連続で値幅制限 いっぱいの上昇率を示し、ほぼ半年ぶりの高値となっている。世界最大の銅消 費国である中国で季節的な需要が拡大する兆しが示されたことが要因。また、 ロンドン金属取引所(LME)の銅相場は最大7.6%上昇し、昨年9月8日以 来の高値となっている。

上海先物取引所の銅先物相場6月限は、前日比最大3440元(5%)高の 1トン当たり7万2400元と、ほぼ半年ぶりの高値となった。上海時間午前9 時 54分現在、この水準で取引されている。亜鉛先物7月限は前日比最大1915 元(6%)高の1トン当たり3万3865元。

LMEの銅先物相場(3カ月物)は、イースター(復活祭)の祝日明けの 10日の時間外取引で、上海時間午前9時58分現在、前週末比6.4%高の1ト ン当たり7810ドル。亜鉛先物(3カ月物)は同6.6%高の1トン当たり3660 ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE