中国人民元:下落-中国人民銀が元相場の上下変動促進望むとの観測

9日午前の中国外国為替取引では、人民元 がドルに対し下落。前週末終値は、ドル・ペッグ(連動)制を廃止した2005 年7月以降の最高値を更新した。元の一段の上昇を見込んだ投機を排除するた め、中国人民銀が元相場の上下変動の促進を望んでいるとの観測が広がった。

人民銀の易綱総裁補佐は6日、中国が今年、人民元の柔軟性を拡大し、外 為市場の発展の迅速化と海外投資促進を目指すとの方針を明らかにした。

ユナイテッド・オーバーシーズ銀行(シンガポール)のエコノミスト、ス アン・テクキン氏は「中国は人民元が一方向に動くとの印象を与えるのを望ま ない」と述べた。

中国外国為替取引システム(CFETS)によれば、上海時間午前10時 48分(日本時間同11時48分)現在、人民元は前週末比0.09%安の1ドル=

7.7284元。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE