米投資会社など米ダウ・ケミカルに500億ドル超の買収提案か-英紙

8日付の英紙サンデー・エクスプレスは、複 数の米投資会社と中東地域の投資家が、米化学最大手ダウ・ケミカルに対して 500億ドル(約6兆円)超の買収案を準備しており、週内に発表されるもようだ と報じた。計画に詳しい複数の関係者の発言を基に伝えた。

同紙によれば、ダウ・ケミカル株1株当たり52-58ドルでの提案になると みられる。5日のニューヨーク市場で同社株は0.8%安の44.47ドルで終了して おり、同日時点での時価総額は427億ドル。

米投資会社の中にはコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)が含ま れ、サウジアラビアとクウェート、バーレーン、カタール、アラブ首長国連邦 (UAE)、オマーンから買収資金の半分以上が提供されるという。

同氏によると、買収を目指す投資家グループのアドバイザーはJPモルガン ・チェースで、ダウ・ケミカル側はゴールドマン・サックス・グループが務める もようだ。

ダウ・ケミカル株は2月26日に3.5%高と3年ぶりの大幅高となった。サン デー・エクスプレスが前日、同社は投資会社から最大540億ドル規模の買収提案 を受けるとの観測記事を掲載したことが材料になった。当時の記事では、投資会 社は恐らく1株当たり60ドルを提案すると報じていた。

ダウ・ケミカルの広報担当者、クリス・ハントリー氏は市場の観測などには コメントしないと語った。KKRの外部広報担当者、モーリー・モース氏はコメ ントを避けた。

(サンデー・エクスプレスのウェブサイト http://www.express.co.uk)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE