解放された英兵:イラン拘束中は独房監禁、抵抗は不可能だった-会見

イランから解放され5日に帰国した英兵15 人は、13日間にわたる拘束中、ほとんどの時間を独房に監禁されていたことが 6日のテレビ会見で明らかになった。記者会見には6人が参加した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。