2月の先行指数30.0%、4カ月連続で50%割る-一致指数も50割れ

内閣府経済社会総合研究所が6日に発表し た景気動向指数によれば、国内の半年程度先の景気動向を占う景気先行指数は、 2月に景気判断の分かれ目となる50%を4カ月連続で下回った。先行指数は、 この先、景気が減速する可能性を示す内容となったものの、景気の回復基調に は変化がないとの見方が強い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。