久間防衛相:イラク開戦の米大統領判断、間違ったとは一言も言ってない

久間章生防衛相はイラク戦争に踏み切ったブ ッシュ米大統領の開戦判断について「戦争そのものが間違っていたとは一言も 言っていない。するか、しないかはアメリカの判断。私がブッシュ大統領だっ た場合でもやったかもしれない」と述べ、「間違っていた」と指摘した1月の自 らの見解を事実上、軌道修正した。4日のブルームバーグ・ニュースとの単独 インタビューで語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。