TIS株:3000円回復で昨年7月来高値に、JCB向け費用の一巡期待

システム開発大手のTISの株価が大幅続 伸し、昨年11月以来となる3000円台を回復。大型案件であったJCB向けの 費用がかさんでいた影響で、2007年3月期の利益は落ち込むが、こうした費用 が一巡する08年3月期は回復に向かうとの見解がアナリストの間から出始め た。今後会社側から明らかにされる今期の業績予想を先取る格好で、一時360 円(13%)高の3160円と、昨年7月以来の高値水準に戻してきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。