3月米民間雇用者数:10.6万人増、製造業はマイナス-ADP(3)

給与明細書作成代行会社のオートマ ティック・データ・プロセッシング(ADP)エンプロイヤー・サービ シズが4日発表した給与名簿に基づく集計調査によると、3月の米民間 部門の雇用者数は10万6000人増加と、2月の6万5000人増から加速し た。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想では、3月は13万 5000人の雇用者増加が見込まれていた。

ADPは事業会社36万4000社(雇用者数約2200万人)をサンプル 抽出して調査する。

マリア・フィオリニ・ラミレス(ニューヨーク)の米国担当チーフ エコノミスト、ジョシュア・シャピロ氏は「個人消費が順調に拡大して いくのに十分な雇用の伸びが見られる」とし、「労働市場はかなり良い 状況だ。住宅市場など幾分の逆風があることは確かだが、他に景気をけ ん引するセクターが多く存在する」と述べた。

ブルームバーグニュースが今週まとめたエコノミスト調査の予想中 央値によると、6日に発表される3月の非農業部門雇用者数は13万 3000人増が見込まれる。2月は9万7000人増だった。

ADPの雇用統計では、3月に製造業部門の雇用者数は1万5000人 減少し、サービス部門は12万8000人増加した。

雇用者数が49人以下の小企業の雇用者数は8万1000人増加した。 一方、従業員が50-499人の中堅企業は4万3000人増だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE