米国債、08年には先物取引の規模が現物超える公算-リターン追求で

シカゴ商品取引所(CBT)で最も取引の活 発な商品である米国債先物は、2008年にその取引高が現物債を超える見通し だ。運用者は高リターンを求め、先物の取引を増やしている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。