ラトIMF専務理事:世界の政策金利は依然として非常に低水準だ

国際通貨基金(IMF)のラト専務理事は 30日、世界の経済成長と金利について以下の通りコメントした。

「世界の政策金利は依然として非常に低水準だ。変化する可能性があるが、 緩やかなペースだろう」

「世界経済は1960年代以降で最大の拡大局面にあり」今こそ構造問題に取 り組む最高の時だ。

「クレジット市場の行き過ぎには、規制当局も顧客も注意すべきだ。米国の サブプライム住宅ローン市場に加えて今後注意していくべき数字の一つは、ここ 数カ月、矛盾するシグナルを出している民間投資の動向だ」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE