2月の英消費者物価指数:前年比2.8%上昇、予想に反し加速(2)

英政府統計局(ONS)が20日発表した2 月の英消費者物価指数(HICP)は、前年同月比2.8%上昇と、前月の2.7% 上昇から予想に反して加速した。これはここ10年で2番目に早いペースで、イ ングランド銀行による追加利上げの公算を高める数字となった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト39人の調査中央値では 前年同月比2.7%の上昇と見込まれていた。一方、この日同時に発表された小売 物価指数は前年同月比4.6%上昇と、1991年以来の高水準となった。

イングランド銀行は、インフレ目標の2%に収めるために再利上げが必要に なる可能性がある。昨年12月のインフレ率が3%に達したことなどから、目標 達成はこれまでの予想よりも時間がかかる公算が大きい。

INGフィナンシャル・マーケッツのエコノミスト、ジェームズ・ナイトリ ー氏は、この日の消費者物価指数について、インフレ圧力の継続があらたに示さ れたとし、「イングランド銀行による追加利上げを示唆するものだ」と語った。 「4月に0.25ポイントの利上げがあると予想している」とした。

金利先物相場からみて、6月までに5.5%へもう1回の利上げを見込んでい る投資家の数が増加している。金利先物(6月限)のインプライド金利は、ロン ドン時間午前10時11分現在、5.72%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE