米ゴールドマン、デルファイに出資へ-投資会社グループに参加

米証券会社ゴールドマン・サックス・グル ープは、経営破たんした自動車部品メーカーの米デルファイへの出資を決めた。 デルファイに34億ドル(約4000億円)出資を目指している投資会社の連合に 加わる。

ゴールドマンが19日当局に提出した届け出によると、同社はサーベラス・ キャピタル・マネジメントとアパルーサ・マネジメントなど投資会社5社の連 合に加わり、デルファイ株を最大640万株購入することで合意した。

破産裁判所は既に、投資会社によるデルファイへの出資を承認しているが、 投資会社はさらに、全米自動車労組(UAW)との間で賃金や医療給付、工場 閉鎖や売却などの点で合意する必要がある。

投資家連合による出資が実現しない場合、デルファイは労使協約の無効化 を新たに申し立てることができ、ストのリスクが生じる。ゴールドマンの参加 は合意への追い風となるとみられる。

投資家連合の残りの3社はハービンガー・キャピタル・パートナーズとメ リルリンチ、UBSセキュリティーズ。投資家連合は更正手続き完了後のデル ファイ株の30-70%を保有する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE