誘拐未遂で起訴のヘッジファンド共同創設者、アンカー・ポイント離職

ヘッジファンドのアンカー・ポイント・キャ ピタル(米フロリダ州)の共同創業者で、女性の誘拐と暴行未遂の罪で起訴され たアルバート・シュー被告(43)が同社を離職したことが、13日までに明らか になった。

アンカー・ポイントのティモシー・クロウ最高経営責任者(CEO)は7日 付で顧客に送付した書簡で、シュー被告が業務を遂行できる立場ではなくなった ため「もはや当社に籍はない」と伝えた。

アンカー・ポイントはクロウ氏とシュー被告が2005年6月に設立。預かり 運用資産は9500万ドル(約110億円)。シュー氏はファンド設立前には、38億 ドル規模の財団アトランティック・フィランソロピーで米国担当最高投資責任者 (CIO)を務めていた。

シュー被告は誘拐と暴行未遂のほか、インターネット上で女性の住所や通勤 スケジュールを公開したとして起訴された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE