訂正:英ファンド:電源開発に07年3月期配当100円に増配を要求

電源開発の筆頭株主である英ヘッジファ ンドのザ・チルドレンズ・インベストメント・ファンド(TCI)は、電源開 発に対し07年3月期の期末の一株配当を100円とするよう9日付で要求して いることを明らかにした。電源開発が現在予定している期末の配当額は30円。

TCIは、磯子火力新2号機(横浜市)や大間原子力発電所(青森県)の新設 などに予定している約800億円の投資と比較すると約100億円の配当は少なす ぎるとし、また、100円に増配することで、純利益のうちどれだけを配当金の 支払いに向けたかを示す配当性向が他の国内電力会社と同じ水準になると主張 している。

電源開発の吉永創・広報担当は、TCIからの提案があったことは認め、 「必要があれば、提案への回答を株主に対し行いたい」との考えを示した。ま た、現時点で配当金額を変更する意向ないことを明らかにした。

UBS証券の伊藤敏憲アナリストは「滅茶苦茶な要求。電源開発は、磯子 や大間の建設に傾注して先行投資をすべきで、増配はこれらの投資から利益を 回収する時期になってからではいいのではないか」と指摘する。

TCIは、現在電源開発株の9.905%を保有する筆頭株主。

電源開発の株価終値は前日比250円(3.8%)安の6360円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE