中国:外国企業に人民元建て債券発行を解禁へ-呉暁霊・人民銀副総裁

中国人民銀行の呉暁霊副総裁は3日、外国企 業による人民元建て債券発行を年内に解禁する方針を示した。中国通貨への需要 を増やす可能性があるとみられている。

呉副総裁は中国人民政治協商会議で「外国企業にとっては、対中投資をする のに外貨を両替するよりも元建て債を発行する方が理にかなっている」と述べた。

副総裁は記者団に対し、外国企業による人民元債発行には政策的な障害はな いとし、人民銀が年内にも最初の発行を承認する可能性があることも明らかにし た。

中国は、銀行融資への企業依存度を低下させ、投資家の選択肢を広げる目的 で、債券市場の拡大を目指している。アジア開発銀行(ADB)と世銀の民間部 門投融資部門である国際金融公社(IFC)は2005年、海外機関としては初め て、中国で元建て債券を発行した。

人民元相場について副総裁は、元の対ドル相場の現在の「方向」を維持し、 「上昇のペースを決めていく」方針を表明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE