ディズニーの「ワイルド・ホッグズ」が初登場首位-北米映画興行成績

週末の北米映画興行収入ランキングで、ウ ォルト・ディズニーのコメディー映画「ワイルド・ホッグズ(原題)」が3800 万ドルで初登場首位になった。

調査会社メディア・バイ・ナンバーズの4日の発表によると、同じく初登 場でサンフランシスコの連続殺人犯を描いた「ゾディアック(原題)」(バイ アコム制作)は1310万ドルで2位。先週1位だった「ゴーストライダー」は 1150万ドルで3位。

「ワイルド・ホッグズ」はティム・アレンやジョン・トラボルタらが演じ る中年男4人組がバイクで旅に出るストーリー。3287の劇場で公開された同 作品は、ディズニーにとって今年初の興行成績首位。ロバート・ダウニー・ジ ュニアらが出演する「ゾディアック」は2362の劇場で公開された。映画評論 家の評判も好調で、メディア・バイ・ナンバーズのポール・ダーガラベディア ン社長は、公開後第1週の週末はぱっとしないものの、クチコミで評判が高ま る映画だと指摘した。

「スパイダーマン」などを手掛けたマーベル・エンターテインメント原作漫 画を映画化した「ゴーストライダー」は、2月16日の公開以降の興行収入が 9480万ドルとなった。悪魔に魂を売って超能力を授かったバイクショーのスタ ントマン、ジョニー・ブレーズをニコラス・ケイジが演じる。

興行収入は、3月2日と3日の実績と4日の推定値を基にメディア・バ イ・ナンバーズがまとめた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE