タイ株:5営業日ぶり反発-中銀の海外投資家規制緩和を好感

1日のタイ株式相場は5営業日ぶりに反発し ている。タイ中央銀行が海外投資家に対する投資規制を緩和したことを好感し た。タイ最大のエネルギー会社PTTが高い。

SET指数はバンコク時間午前10時38分(日本時間午後零時38分)現在、 前日比2.42ポイント(0.4%)高の679.55となっている。同指数は前日までの 4営業日で2.4%下落していた。

タリサ中銀総裁は2月28日、昨年12月にバーツ高を抑制するために導入 した海外投資家に対する規制措置の大半を3月1日に解除すると発表した。

タイ最大の上場企業でもあるPTT(PTT TB)は2バーツ(1%)高の 210バーツ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE