失敗から学んだバーナンキFRB議長、株価急落後に市場を元気付け

バーナンキ米連邦準備制度理事会(F RB)議長は28日、前日の米国株急落について慎重に言葉を選んで市場に 安心感を与え、投資家からの評価を高めたようだ。

バーナンキFRB議長は議会証言後の質疑応答の場を利用し、金融市 場は「十分に機能している」と述べるとともに、米経済は勢いを増していく との見通しを示した。投資家はこの発言を前向きに受け止め、株式相場は議 長発言後に値上がりし、米国債利回りも上昇した。

ウェルズ・ファーゴのシニアエコノミスト、スコット・アンダーソン 氏は、「議長は金融市場の火消し役を演じたようだ」と述べ、「金融システ ムの安定確保も、米金融当局の役割の一部だ。当局がその任務を怠ってはい ないと議長は保証した」と指摘した。

バーナンキ議長は1年ほど前、市場との対話でつまずき、インフレ抑 制への取り組みに関して投資家の一部に疑念を生じさせるような状況に直面 した経緯がある。それだけに、今回の株価急落への対応は、議長に対する信 頼感を高めるとみられる。

ノーザン・トラスト・セキュリティーズの経済調査責任者、ポール・ カスリエル氏は、「議長は失敗から学んだ」と評価し、「議長のすべての言 葉を市場がじっと聴いていることを十分に承知している」と指摘した。

議長はまた、連邦準備制度のみならず、大統領作業部会に加わってい るほかの金融監督当局者らも「金融市場の動向を注視している」とも述べ、 中国株急落を引き金とする世界市場の動揺を受けても、米連邦準備制度の経 済見通しに変わりはないと言明した。

ポールソン米財務長官は、今回の株価急落に関してまだ公式見解を示 していない。ブッシュ政権のほかの当局者は、経済成長は引き続き堅固だと するバーナンキ議長の見解に同調している。ポールソン長官はコメントを控 えており、財務省のブルックリー・マクラフリン報道官は、「財務省当局者 は定期的に市場を監視しており、今後もそれを継続する」と説明した。

バーナンキ議長とポールソン長官は、就任から比較的日が浅い。2日 前にダウ工業株30種平均が416ドルの大幅安を演じるといった相場急落時 など、緊迫した状況下では、金融政策や金融業界の監督を行うFRB議長や 財務長官の動静に投資家の注目が集まる。グリーンスパン前FRB議長は、 就任から2カ月後に発生した1987年の株式相場急落に利下げで対応し、市 場の信任を獲得した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE