大型株を買い推奨、株安は「市場への警鐘」-BOAのマクマナス氏

バンク・オブ・アメリカ(BO A)・セキュリティーズの主任投資ストラテジスト、トマス・マクマナ ス氏は28日、配当や株式買い戻しを実施し、「多岐にわたる」収益の 「妥当な」成長が見込める大型株の買いを推奨した。

27日の米国株式市場では、中国株急落に売りが誘発され、この4年 間で最大の下げとなっていた。

同氏はさらに、投資家は企業利益を考慮すると割り高となっている 小型株や、利益を商品価格や景気拡大に依存する企業の株式を避けるよ う勧めた。

同氏はまた、米国株の前日の下落は「悦に入りすぎていた市場に対 する警鐘だ」と指摘。さらに、企業の業績は引き続き米景気鈍化の影響 を受け易いことから、ポートフォリオ中の株式配分比率の引き上げを推 奨するのは「時期尚早だ」と述べた。

ブルームバーグがまとめた今月5日の調査によると同氏の株式保有 推奨比率は55%、債券は20%、現金が25%。

米国株式相場は27日に急落し、時価総額で約6260億ドルを失うと もに、年初来の上昇分を消した。中国株式市場での売り浴びせが世界的 に波及したことがきっかけだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE