米ウェルズ・ファーゴ:証券売買手数料無料化拡大-ブローカーに対抗

米銀大手ウェルズ・ファーゴは、インタ ーネット証券取引手数料の無料化を拡大する。銀行は証券ブローカーから顧客 を引き付け、手数料ビジネスの拡大を目指しており、米銀2位のバンク・オブ・ アメリカもウェルズ・ファーゴに先立って同様のサービスを提供している。

ウェルズ・ファーゴによると、ローンや預金の残高が2万5000ドル以上 の顧客は、手数料なしで100回のオンライン取引を行うことができるようにな る。従来は、ローンや預金の残高が25万ドル以上の顧客に対し手数料を50 回分無料としていた。対象となるのはウェルズ・ファーゴが扱う株式、ノーロ ード型投資信託、上場投資信託(ETF)。

バンク・オブ・アメリカは昨年10月11日、預金2万5000ドル以上の顧 客に対して株式売買手数料無料サービスを開始した。銀行は住宅ローンや小切 手勘定といったディスカウントブローカーが提供していない手数料ビジネス に顧客を引き付けることで、株式売買手数料無料化のコストを回収できるとみ ている。

ウェルズ・ファーゴ・インベストメンツのレイチェル・パーケル上級副社 長は、「既存顧客だけを標的にしているわけではない」と述べ、「当行はもち ろん、新規顧客の開拓を目指している」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE