松下電産:ビクター売却でペルミラなど外資3ファンドが名乗り-朝日

2日付の朝日新聞は、松下電器産業が子会社の日本ビ クター売却に向けた入札を行ったところ、欧州最大の投資ファンド・ペルミラ、テキサス・ パシフィック・グループ、シンガポール拠点のCCMPキャピタル・アジアなど3つの外 資系ファンドが買収に名乗りをあげたと伝えた。

一方、ビクター側も米投資ファンドのサーベラスと組み、マネジメントバイアウト(M BO)と呼ばれる手法で松下の保有株を購入し、独立することを検討すると同紙は報じて いる。

2日の松下電器産業の株価終値は前日比2円(0.6%)安の2395円。日本ビクターの 株価終値は前日比20円(3.7%)安の524円。

(朝日新聞朝刊3面)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE