欧州委:銀行とクレジットカード会社に対し制裁金も-報告書草案

欧州連合(EU)の欧州委員会は市場での 競争を阻害しているとして、銀行とクレジットカード会社に対して制裁金の支 払いを求める可能性がある。ブルームバーグ・ニュースが29日までに入手した 報告書草案で明らかになった。

31日に公表予定の報告書の草案によれば、価格操作で共謀して競争を妨げ る行為に関与した疑いで、欧州委が銀行とクレジットカード会社を調査する公 算がある。報告書は、具体的な企業名には言及していない。

報告書は、「リテール(小口)銀行業に適用される競争ルールを確実に履 行する」反トラスト規定の下で、欧州委が「権限の行使するのをためらうこと はない」としている。欧州委のジョナサン・トッド報道官はコメントを控えて いる。

欧州委は既に世界のクレジットカード大手2社、米ビザ・インターナショ ナルと米マスターカードによる取引手数料の決め方を問題視している。この報 告書によれば、銀行間にカード手数料についての取り決めがあり、これが英国 とスペイン、ベルギー、オーストリア、ポルトガルでの新規参入の障害になっ ている可能性がある。