グリーンスパン前FRB議長:中国は人民元相場の変動加速容認を(2)

グリーンスパン前米連邦準備制度理事会(F RB)議長は29日、スイスの銀行大手UBSが上海で開催した会議でビデオ講 演し、中国人民銀行は主要通貨に対する人民元相場のより速い動きを容認する べきだとの考えを示した。前議長のコメントは以下の通り。

「為替相場の変動を若干加速させることは、中国の利益になる」

「ペースが速まったことによって不安定になるとは思われない。為替相場 を固定または変動を小幅にするために積み上がる外貨建て資産の扱いは金融当 局者にとって難しいものであり、国内の金融システムの均衡を維持するのに役 立つものでないことは明らかだ」

「私は、中国が人民元の上昇を加速させても問題は生じないという印象を 持っている」

「そう考える理由は、中国経済が異例な高成長を遂げており、実質所得の 伸びが大きいことから、現在輸出市場に向かっている製品を国内の高所得層の 間で流通させたいと望むようになることは不可避だからだ。自国通貨の為替相 場が低過ぎると、それは難しい」

◎人民元上昇の中国経済への影響について:

「人民元の上昇が急激ではなく幾らか加速した場合、中国経済にとっても 他の金融市場参加者にとっても大いにプラスになると思われる」

「その一方で、中国が急激に動き過ぎれば、中国にとって困難を生むであ ろうことは、はっきりと認識している。ただ、中国にとっても他の誰にとって も問題を生じさせない程度の加速で、制度を微調整することは可能だと思う」