円相場予想を下方修正、日銀の利上げ観測の後退で-クレディ・スイス

クレディ・スイス・グループは26日、円 相場見通しを下方修正した。日本銀行による利上げ観測が後退するなかで、円 は2002年以来の低水準に下落するとみている。

クレディ・スイスは26日付の調査リポートで、円は向こう3カ月で1ドル =125円まで水準を下げると指摘し、従来見通しの同117円から修正した。1年 後の相場は同122円(従来予想は同116円)と予想した。

同社のシニア通貨ストラテジスト、ララ・レーム氏(ニューヨーク在勤) はリポートで「われわれは円に対して弱気だ」とした上で、「日銀は利上げに 及び腰になっている。インフレと消費には多くの不透明感が取り巻いている。 日銀の姿勢は若干ハト派的だ」と記述している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE